小さいゴキブリが出たらすぐに対策を!

小さいゴキブリが出たらすぐに対策を!

【重要】小さいゴキブリが出た時の駆除対策のやり方

 

小さいゴキブリは大きく分けると、

 

・クロゴキブリの子供

チャバネゴキブリという種類のゴキブリ

 

このどちらかです。

 

見分け方は簡単で、

 

・クロゴキブリの子供は色が赤か黒。

チャバネゴキブリは茶色。

 

になります。

 

小さいゴキブリがクロゴキブリの子供の場合は、20~40匹が一斉に孵化した状況。

 

小さいゴキブリがチャバネゴキブリだった場合は、繁殖力がとてつもなくすごいので、すぐに家の中がチャバネゴキブリだらけになってしまいます。

 

対策が遅くなるとゴキブリが家に住み着いてしまうので、早く駆除することが不可欠です。

 

小さいゴキブリの駆除には、業務用の強力なゴキブリ駆除剤を使って駆除するようにします。

 

f:id:ohwnelegeg:20170420093711j:plain

 

 小さいゴキブリの駆除に使うゴキブリ駆除剤は、飲食店などでも使われている強力な業務用の駆除剤を使います。

 

f:id:ohwnelegeg:20170420093340j:plain

 

⇒これが今回使用するゴキブリ駆除剤です 

 

中に入っている毒餌は、プロの駆除業者が使っているものと同じです。

 

小さいゴキブリは、繁殖力も高く成長も速いので、このくらい強力なものを使わないとゴキブリの繁殖スピードに追いつけません。

 

また、市販のものと違い、見た目もゴキブリ駆除剤に見えないのがポイントです。

 

f:id:ohwnelegeg:20170420093324j:plain

 

いくら自宅に置くといっても、来客があった時に黒いゴキブリ駆除剤が置いてあったら、

 

「この家はゴキブリが出るのね」

 

と思われてしまいます。

 

でも、この駆除剤はカラーも白なので、人の目を気にすることなく置いておけることもこのゴキブリ駆除剤が人気の理由です。

 

もう1つこの駆除剤のすばらしいところは、ゴキブリの死骸をほとんど見なくて済むことです。

 

f:id:ohwnelegeg:20171014221019j:plain

 

この駆除剤を食べたゴキブリは、水を求めて下水に行きそこで死んでしまいます。

 

家の中にゴキブリの死骸がないから、死骸を片付ける必要がありません。

 

つまり、気が付いたときには家の中からゴキブリがいなくなっています。

 

このゴキブリ駆除剤は、1パック6個入りです。

 

使う目安としては、

 

・1ルームマンションなら1パック

・2LDKなら2~3パック

・戸建なら3パック以上

 

このくらいの量を使うようにすると、小さいゴキブリを繁殖させずに駆除することができます。

 

最近は冬場でもゴキブリは増え続けるので、小さいゴキブリが出たらすぐに駆除剤を使ってゴキブリ対策をしましょう。

 

 ⇒使うゴキブリ駆除剤はこちら