小さいゴキブリが出たらすぐに対策を!

小さいゴキブリが出たらすぐに対策を!

【重要】小さいゴキブリが出た時の駆除対策のやり方

 

小さいゴキブリは大きく分けると、

 

・クロゴキブリの子供

チャバネゴキブリという種類のゴキブリ

 

このどちらかです。

 

見分け方は簡単で、

 

・クロゴキブリの子供は色が赤か黒。

チャバネゴキブリは茶色。

 

になります。

 

小さいゴキブリがクロゴキブリの子供の場合は、20~40匹が一斉に孵化した状況。

 

小さいゴキブリがチャバネゴキブリだった場合は、繁殖力がとてつもなくすごいので、すぐに家の中がチャバネゴキブリだらけになってしまいます。

 

対策が遅くなるとゴキブリが家に住み着いてしまうので、早く駆除することが不可欠です。

 

小さいゴキブリの駆除には、業務用の強力なゴキブリ駆除剤を使って駆除するようにします。

 

f:id:ohwnelegeg:20170420093711j:plain

 

 小さいゴキブリの駆除に使うゴキブリ駆除剤は、飲食店などでも使われている強力な業務用の駆除剤を使います。

 

f:id:ohwnelegeg:20170420093340j:plain

 

⇒これが今回使用するゴキブリ駆除剤です 

 

中に入っている毒餌は、プロの駆除業者が使っているものと同じです。

 

小さいゴキブリは、繁殖力も高く成長も速いので、このくらい強力なものを使わないとゴキブリの繁殖スピードに追いつけません。

 

また、市販のものと違い、見た目もゴキブリ駆除剤に見えないのがポイントです。

 

f:id:ohwnelegeg:20170420093324j:plain

 

いくら自宅に置くといっても、来客があった時に黒いゴキブリ駆除剤が置いてあったら、

 

「この家はゴキブリが出るのね」

 

と思われてしまいます。

 

でも、この駆除剤はカラーも白なので、人の目を気にすることなく置いておけることもこのゴキブリ駆除剤が人気の理由です。

 

もう1つこの駆除剤のすばらしいところは、ゴキブリの死骸をほとんど見なくて済むことです。

 

f:id:ohwnelegeg:20171014221019j:plain

 

この駆除剤を食べたゴキブリは、水を求めて下水に行きそこで死んでしまいます。

 

家の中にゴキブリの死骸がないから、死骸を片付ける必要がありません。

 

つまり、気が付いたときには家の中からゴキブリがいなくなっています。

 

このゴキブリ駆除剤は、1パック6個入りです。

 

使う目安としては、

 

・1ルームマンションなら1パック

・2LDKなら2~3パック

・戸建なら3パック以上

 

このくらいの量を使うようにすると、小さいゴキブリを繁殖させずに駆除することができます。

 

最近は冬場でもゴキブリは増え続けるので、小さいゴキブリが出たらすぐに駆除剤を使ってゴキブリ対策をしましょう。

 

 ⇒使うゴキブリ駆除剤はこちら

 

 

 

 

小さいゴキブリがいっぱい出たらすぐに対策をしましょう

小さいゴキブリがいっぱい家の中に出ることがあります。

 

これは、チャバネゴキブリという種類のゴキブリです。

 

このゴキブリの特徴としては、

 

・繁殖能力が高くすぐに家の中の個体数が爆発的に増える

・幼虫から大人に成長するまでに3ヶ月とかなり速い

 

この2つが挙げられます。

 

家の中で小さいゴキブリがいっぱい出てしまった場合、もう家の中でチャバネゴキブリが繁殖してしまっているので、すぐに対策をしないと大変なことになります。

 

この小さいチャバネゴキブリは、電化製品の熱があるところに集まります。

 

冷蔵庫や電子レンジ、あとはパソコンやノートパソコンの中にも入り込みます。

 

そうなってくると、駆除するまでにかなり大変な道のりになります。

 

だから、小さいゴキブリが家の中にいっぱい出た時は、すぐにしっかりとしたゴキブリ対策を行う必要があります。

 

小さいゴキブリは、普通のゴキブリよりも小さい上に繁殖能力が高いため、家の中にいっぱい出たということは状況的にはあまり時間の余裕はありません。

 

とにかく早く家の中のゴキブリ対策をしっかりして、まずは家の中にいるチャバネゴキブリをすべて退治するようにしましょう。

 

⇒小さいゴキブリが出た時の駆除対策のやり方  

 

 

 

小さいゴキブリは巣ではなく電化製品の近くにいる

小さいゴキブリには、巣というものはないと考えてください。

 

巣に戻るというよりも、小さいゴキブリは熱を発する家電製品の近くに集まります。

 

例えば、冷蔵庫の周りや裏。電子レンジの近く。そして、ノートパソコンの中やパソコンの近く。

 

小さいゴキブリは暖かいところを好むので、そういった電化製品の近くに集まる修正があります。

 

問題は、衛生的に良くないことと、家電製品に入り込むと対処が格段に難しくなることです。

 

まず、冷蔵庫などのキッチン周りの電化製品は、やはり衛生面が心配になります。

 

特に、冷蔵庫の場合、冷蔵庫のドアと本体の境目くらいに小さいゴキブリは集まる傾向があるので、衛生的によくありません。

 

パソコンやノートパソコンの場合は、中に侵入するとそこから出てこなくなるので、小さいゴキブリの駆除が難しくなります。

 

そうなる前に、しっかりとしたゴキブリ対策を行うことが重要です。

 

冷蔵庫の周りには、強力なゴキブリ駆除剤を置きましょう。

 

パソコンは、まずパソコンの電源を落としてパソコン自体の熱を冷まさせます。

 

その上で、パソコンの近くに置くタイプのゴキブリ駆除剤を置きましょう。

 

パソコンは、ずっとコンセントにつなげていることが多いですが、パソコンに熱があれば小さいゴキブリはそこから出てこないため、ゴキブリ駆除剤を食べることもありません。

 

だから、

 

1、パソコンの電源を落としパソコンの熱を冷ます

2、パソコンの外にあるゴキブリ駆除剤を食べさせる

 

この形で対策をすることが必要です。

 

ただ、小さいゴキブリの対策は家ごとやらなければ意味がないので、どういうゴキブリ対策をすればいいのかはまとめた記事で確認をしてください。

 

⇒小さいゴキブリが出た時のゴキブリ対策

 

 

小さいゴキブリにコンバットは効果が薄い

 

小さいゴキブリにコンバットが効くかというと、多少は効きますが効果は少し薄めです。

 

小さいゴキブリというのは、普段出てくるゴキブリの子供と、もう1つチャバネゴキブリという種類と2種類のゴキブリです。

 

普通のゴキブリの子供の場合は家の中にいる数が少ないのでコンバットでも構いませんが、チャバネゴキブリだった場合、家の中に出る小さいゴキブリの数は何十匹という数のゴキブリが出ます。

 

そうなると、コンバットよりももっと殺虫成分の強い業務用のゴキブリ駆除剤を使う必要が出てきます。

 

コンバット自体は昔からあるゴキブリ駆除剤なので、やはり効果はあります。

 

ですが、小さいゴキブリの駆除をするのであれば、もう少し殺虫成分の強いゴキブリ駆除剤を使う方がおすすめです。

 

殺虫成分の強いゴキブリ駆除剤の紹介と効果的な使い方は他の記事で紹介をしてありますので、気になる方はそちらをご覧ください。

 

⇒小さいゴキブリが出た時の駆除対策のやり方  

 

 

 

小さいゴキブリの侵入経路

小さいゴキブリが家の中で自然発生することはありません。

 

家の外から、家の中に侵入してきます。

 

小さなゴキブリの侵入経路は、

 

・通風口や換気扇

・エアコン

・お風呂の排水溝

・キッチン下

・玄関下の隙間、窓の隙間

 

など、家と外をつなぐ穴という穴が小さいゴキブリの侵入経路になります。

 

この「小さいゴキブリの侵入経路」が分かっていれば、効果的に小さいゴキブリ対策を行うことが出来るようになります。

 

小さいゴキブリ対策で大切なことは、

 

・家の中にいる小さいゴキブリを退治する

・家の外から入ってくる小さいゴキブリを家の外で退治する

 

 この2つです。

 

ここさえ押さえていれば、普通のゴキブリよりも少し時間はかかりますが、必ず家の中に出てくる小さいゴキブリを駆除することが出来ます。

 

小さいゴキブリは、普通のゴキブリよりもタチの悪い種類のゴキブリですから、しっかりとしたゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

小さいゴキブリへの対策としては、置くタイプのゴキブリ駆除剤を使います。

 

これも「どういうゴキブリ駆除剤」を「どこに置くのか」が重要になってきますので、そのあたりを他の記事で紹介しておきました。

 

小さいゴキブリで困っているようなら読んで確認をしてみてください。

 

⇒小さいゴキブリが出た時の駆除対策のやり方  

 

 

小さいゴキブリに効く殺虫剤

小さいゴキブリ対策の基本は、置くタイプのゴキブリ駆除剤を使います。

 

もちろん、出てきた小さいゴキブリに対してはゴキブリスプレーなどを使って退治をしますが、小さいゴキブリというのはとにかく数が多く出てきます。

 

この小さいゴキブリ(チャバネゴキブリ)という種類のゴキブリの特徴は、繁殖力とそのサイクルがとても早いことです。

 

大体卵から孵化してから3ヶ月で成虫になり、また産卵・孵化を繰り返します。

 

なので、出てきた小さいゴキブリを駆除しているだけでは、とてもではありませんが家の中の小さいゴキブリを駆除してしまうことは到底できません。

 

だから、小さいゴキブリを退治するためには、効果が強力な置くタイプのゴキブリ駆除剤を使って、家の中にいる小さいゴキブリを根絶やしにする必要があります。

 

先ほどもお伝えしたように、小さいゴキブリはとにかく繁殖能力が高く、ほっておけばすぐに爆発的に家の中で増えていきます。

 

そうならないように、しっかりとしたゴキブリ対策を行うようにしてください。

 

⇒小さいゴキブリが出た時の駆除対策のやり方  

 

 

 

小さいゴキブリの卵が出てきてことも・・・

この小さいゴキブリ(チャバネゴキブリ)は、体が小さいのでとにかくいろんなところに入り込みます。

 

特に、温かい家電の中が大好きらしく、冷蔵庫のドアのところにびっしりいたり、ノートパソコンの中に入り込んでいたりと、もう本当に大変でした。

 

その中で、1度だけ小さいゴキブリの卵と遭遇したことがあります。

 

小さいゴキブリの卵は、ノートパソコンの中から突然出てきました。

 

昔のノートパソコンは、ずっと使っていて熱くなってくるとファンが回って熱くなったパソコンを冷やしていたんだと思います。

 

そのファンが回ってノートパソコンから風が出てきた時に、一緒に小さいゴキブリの卵がノートパソコンの中から突然出てきました。

 

もうね、本当に鳥肌が立ちますよ。

 

ノートパソコンの中から卵が出てきたということは、そのままにしておくとノートパソコンの中でふ化をするということです。

 

つまり、ノートパソコンの中が、小さいゴキブリの子供だらけになるということなんです。

 

さすがに気持ち悪くて、すぐにそのノートパソコンは処分してしまいました・・・。

 

普通のゴキブリに比べて、小さいゴキブリはとにかく体が小さいため、いろいろなところへ入り込んで繁殖してしまいます。

 

小さいゴキブリを1匹でも見つけたら、必ずすぐに対策をするようにしましょう。

 

そうしないと、本当にひどい目にあいますから。